反出生主義の私が子供を産んだら2

出産して3ヶ月。

自分は子供を産んでいい人間じゃなかった。

 

夫婦共育休をとった。それなのに24時間体制の信じられない労働。

お互い余裕がなく喧嘩が増えた。

 

両家の両親は遠方。里帰りもしなかった。

自分の両親にはまだ子供に会わせてもいない。

 

追い詰められないよう策はいくつか試した。

便利な道具やサービスに頼る。

バウンサー、ボトルウォーマー、食洗機、家事育児のヘルパー、宅配サービス。

夫婦で一日交代制など。(半日交代制はうまく機能しなかった)

 

よく言われる

「子供の寝顔を見ているとそれまでの疲れが吹っ飛ぶ」

みたいな言説は嘘だと知った。

子供の可愛さがそれまでの苦労に対してとてもペイするものではない。

 

「産んでしまってごめん」と思いながらお世話をする。

自分の子供なら可愛いという説もあったけど、自分にはあまり当てはまらなかったみたい。

子供が可哀相。

せめてこの割り切れない気持ちを悟られずに、親としての責任を果たしていくしかない。

 

育児のしんどさは終わりが見えないこと、いつコールがかかるかわからないこと、やろうと思った行動が完遂できないこと、やるべき優先順位が常に入れ替わること、あたりだろうか。

不確実な出来事の連続。忍耐が試される。

仕事の方が100倍マシだと強く思った。

 

出産は激痛で二度としないと誓った。

和痛や無痛出産も考えたけど、通っていた病院では行なっていなかった。

産後にIUS(避妊リング)を入れた。

入れた瞬間に痛みはなかった。数分後ひどい貧血のような目眩と生理痛のような腹痛で点滴を打った。

少し高価だったけど、これでまた間違いを犯すリスクが低くなる。

 

今の安心材料は、夫と義理母が子供を愛してくれていること。

心中が最悪の結果だとしたら、そうならないような逃げ道はきっとある。

たまに子供に話しかけてくれる人の存在も救いになる。

百日祝いで行った写真スタジオではお姉さんの赤ちゃんへの扱いが素晴らしかった。

見学で行った保育園の先生の接し方もさすがのプロ。

 

自分より可愛がってくれる人たちを見ていると、最悪自分が死んだとしても大丈夫という安心感がある。

  

4月から復職して保育園に入れる。

仕事と両立できるだろうか。それとも子供から離れられて精神的に楽になるだろうか。 

 

最近子供はよく笑うようになった。追視やハンドリガードをするようになった。

ピカチュウやタラちゃんのような「チャー!」という声をよく発する。

横顔はクレヨンしんちゃんのようにぷっくりな頰。

可愛いと思う瞬間も、ちゃんとあるよ。

  

とりとめなくここまで書いてみて、自分が大変、の記述が多い。

なんだかんだ言い訳してたけどやっぱり自己中でしかなかった。

とても恵まれていて、ハタから見れば幸せの象徴の中にいて、

それなのに先が見えない暗闇の中にいて、取り返しのつかないことをしてしまった後悔が強い。

まだ受け入れられていない。覚悟が決まり切らない。腹を括るにはどうすればいいのか。

それでもやるしかない。

あなたたちへ

私はあなたたちを受け入れた結果、自分とは合わないから離れた方がいいと判断しました。
個人的には、それを受け入れることの方があなたたちにとって楽だと思います。
なぜなら私との関係を修復するためにはあなたたち自身が変わらないといけないからです。
どうしても私との関係を修復したいというなら、その気持ちを汲んで最大限譲歩して私の考え方を伝えるのでよく聞いてください。

あなたたちが私へよかれと思ってやることが、私にとって害になる理由が分かりますか。
あなたたちに必要なのは、一人一人に様々な背景や環境があることを踏まえ、多様な価値観があることを認めることです。

前提として、価値観とはある「事実」に対して善悪・正誤・好嫌を判断する基準のことです。
ここのポイントとしては「事実」自体に善悪や正誤があるわけではないということ。
分かりやすく例え話をすると、「感受性が強く引っ込み思案」の性格の人がいるとします。
その人は、所謂体育会系の環境においては、「声が小さくのろまなやつ」という評価をされます。
一方で、人の気持ちに寄り添うことが必要な環境においては「理解してくれて安心できる人」という評価をされます。
性格・性質という事実は変わらないのに、環境によって評価が大きく変わるのは、その環境ごとの優先順位や価値観が存在するからです。
もう一つ例え話をすると、「給料をたくさんもらえる会社」が最高の会社だと思う人もいれば、「自由に勤務時間や休みを決めれる会社」が最高の会社だと思う人もいます。
評価が分かれるのは、最高の基準が個人の価値観に従って決まるからです。

繰り返しますが、まずは自分の考え方が絶対ではないことを知り、違う価値観や新しい価値観を理解できなくてもまずは受け入れることが必要です。
特に、時代は変わり、価値観を構成する基になる環境は大きく変化しています。
世代間だけでなく、多様化が進み個々レベルでも様々な背景の人がいます。

特に他人のすることに関して意見をするなら、その人が何を大切にしていて、何を幸せだと感じて、そのためにどんな行動をしているのか・するべきかを考えてください。
他人とあなたたちの考え方は違うのだから、その人の立場に立って「あなたたちの価値観で」考えた意見を言っても全くの的外れであることを認識してください。
その人の立場にたって「その人の価値観で」考えてようやく少し意味のある意見になると思います。
あくまで「少し」です。他人を全て理解することは不可能という謙虚さを忘れないでください。
また、意見を言ったとして、それが採用されるかどうかは本人のことに関して本人に決める権利があります。
何かを盾にして自分の思い通りにさせようとするのは全くの論外です。

きっと私が言ってることを本当に理解できたら、支配や言いなりや押し付けではなく、私と対等に建設的な議論ができるようになる日が来ると思います。

https://dot.asahi.com/dot/2019042600016.html?page=1
この回答も、私が言いたいことによく似ているので参考にしてください。

反出生主義の私が子供を産んだら

後悔している。

 

言い訳だけど、5年付き合った彼氏とそれまで何もなかったから同じような避妊で問題ないと油断した。

タイムマシンがあるのなら、あの時に戻って避妊リングを入れる手術をする。

 

元々小さい頃から、なんとなく結婚に憧れを持っていなかった。

理由は分からないけど、母親を見て漠然と自由がなくなる印象を持っていたような気がする。

小学校の頃の文集に、これからの人生の予定を予想して書く欄があった。

周りの女の子がみんな20代で結婚することを書いている一方、自分はしない気がして書かなかった。

 

反出生主義という言葉を知ったのは、20代中盤の時。

SNSで反出生主義の人と出会い、その人の考え方に共感した。

生老病死だけでなく、こんなに希望がなくて生きにくい世の中に大事な人を連れてくるのは可哀想。

胸を張って、あなたもきっと楽しめるからお勧めだよ!って思える環境でないなら、連れてくるのは失礼。

 

最近流行ってるリファラル採用だってそう。

どんなに自分に利益があったとしても、自分の会社が誇れる会社じゃなければ、周りの凄いと思える人や大事な友人に紹介なんてしたいなんて到底思えない。むしろ失礼にあたる。

産まれてくる子供に対しても同じ。

 

そんな私でも、猛烈に結婚願望と出産願望が強い時期があった。20代前半の頃だった。

今の夫と出会い、この人となら結婚したいと思える初めての人だった。

彼と自分の分身である子供が欲しいと強く感じた。

だけどお互い若く学生の身分だったのでそれは叶わなかった。

そうしているうちに願望は薄れ、社会人となり、反出生主義を知った。

結婚はしたかったけど彼は乗り気ではなさそうだし、子供は欲しくないと思っていた状態だったから別れようとしていた矢先のことだった。

 

妊娠が発覚した。

動揺した。

頭が真っ白になって何も考えられなかった。

 

既に別れ話を切り出していた彼に連絡を取り、家に来た彼はしばらく私を抱きしめてポツリと呟いた。

「保育園どうしようか」

あ、この人は産むつもりなんだと思った。

年齢的にも経済的にも問題なかった。

ずっと悩んで、ただ時間だけが過ぎてしまった。

 

中絶できる週数を過ぎた後も、本当に自分の判断は正しかったのか、この道で良かったのか分からなかった。

これから来る義務と責任にただ押しつぶされそうだった。

産むからには「産まれてきて良かった」と思える人生を与えなければいけないと思った。

自分の人生を幸福だと思えて、環境が変わってもそれを継続・構築していける手段を身につけさせ、自立させるまでが私の義務。

 

そして産まれる前から嫌なことばかりだった。

どんどん不自由になっていく自分の身体、何度も職場に謝って検診に行くこと、たまに優しくされたり助けられたりする時の惨めな気持ち、たくさんありすぎて書ききれない。

普通の人なら乗り越えられることを、どうして私は乗り越えられないんだろうと思った。

きっと原因は、楽しいとか嬉しいとかそんな感情が一切湧いてこないこから。

全ての行動の源が義務感だった。

 

今は妊娠後期。

後悔はしてるけど、それが答えなのかまだ分からない。

妊娠しなかったらきっと彼とも別れていたと思う。

指輪も買って、同棲も始めて、お互いの両親に挨拶もした。

望んでいたことの一部は、多大な犠牲を払って手に入れた。

 

産まれたらどんな気持ちになるのか、どんな子供と出会うのか、全くの未知数。

やっぱり後悔するのか、それともかわいいと思えるのか。

義務感が強いから育児放棄や虐待だけはしないと思ってるけど、自分がどんな精神状態に陥るのか分からないから怖い。

追い詰められないよう、夫の育休や、役所の制度や、外部のサービスをしっかり利用しようと思う。

 

これからが分からないからこそ、同じような境遇に合った人に自分の実体験を伝えていきたい。

後悔するにしても、喜びに変わるとしても、それがどんな過程を経てどんな結果になるのか、見届けてほしい。

旅行の荷物削減アイデアまとめ

何度か長期旅行に行くようになって、ちょっとずつ旅慣れしてきたので個人的な荷物削減の方法まとめ。

 

一番かさばるものは、衣類。

一番重いものは、液体

これらを減らすことが効果的。

旅行の荷物は1週間くらいの滞在を想定。

 

衣類

・アウター

夜などは冷えるので、少し厚めのものを持っていく。

 

・トップス

アウターが厚い分、少し薄めのものを持っていく。

かさばらないのでその分の荷物が減らせる。

2~3日分程度を持っていって着回す。

 

・ボトムス

汚れにくいジーンズなどを1~2着持っていって使いまわす。

ちょっと不衛生だけど諦める。笑

 

・インナー

基本的に日数分持っていく。

もしくは3日分程度持って行って旅行先で洗濯する。

洗濯はコインランドリー/ランドリーサービス/手洗い等。

女性はワイヤレスのブラだとかさばりにくい。

 

衣類を収納する際は、丸めて収納。

手で圧縮できる圧縮袋を使うのも良いかも。

 

液体

・化粧品(ファンデーション・下地・スキンケア系)

これらの液体を、コンタクトケースに入れてジップロックに入れるのがベスト。

小分けボトル等でもいいけど、コンタクトケースの方が頑丈で気圧などで液漏れしにくい。

 

洗顔用洗剤

特にこだわりがなければ、ボディーソープや石鹸で代用する。

 

・コンタクト

旅行用に1Dayのコンタクトを持っていけばコンタクト液が不要になる。 

 

──────────────────────────────

旅行にまつわるTips。

 

キャリーバッグよりリュックサック

転がせはするものの、やっぱりキャリーバッグ自体が重い。

段差などが多い場合はリュックの方が身軽に動ける。

機内持ち込みがしやすく、手荷物受け取りの時間を節約できる。

 

優先度で考える

絶対必要なものは

・パスポート/チケット

・カード/現金

くらいなので、それ以外は旅先で買って揃えるのもアリ。

 

あると便利なもの

買うまでではないけど、あると便利だなーと思ったもの。

・ウエットティッシュ/ティッシュ

・帽子/サングラス

・虫除け/日焼け止め

 

友人宅に泊まる時

 

・靴下(マナーとして。笑)

・シャンプーリンス(気のおけない相手であれば不要)

・パジャマ

 

大事なものは持っていかない

気に入ってるアクセサリーや小物など、失くしたくないものは持っていかない

 

おしまい

フィリピンマニラの観光馬車にぼったくられた話

フィリピンのマニラにいる観光馬車にぼったくられました。笑

同じような被害者が出ないようにブログに記録します。

 

2018/11/23の出来事です。

馬車を引き連れた兄ちゃんが「50! 50!」と言ってくるので、

「only 50?」と聞いたら「yes!」とのこと・・・

 f:id:fkbiw:20190103184821j:plain

ちなみに写真を撮ろうとしたら「後で後で!」と言われました。

撮った後でしたが・・・足がつかないようになんですかね?🤔

 

今にして考えればそんな安いはずないんですが、

フィリピンに着いたばっかりの私たちはペソの金銭感覚がよくわからず

乗ってしまいました😱

 

f:id:fkbiw:20190103182729j:plain

 

 一通り、馬車観光を楽しんだ後、50ペソを払おうとすると

「No! No! 50 ハンドレッド ペソ!」

あちゃーと思いました🙄笑

 

その後、口論を数十分続け、結局1000ペソ弱を払って降りました。

(俺らのボスのとこに連れて行くとか、ポリスに連れて行くとか脅されました)

気が弱い人なら多分50000ペソ(約1万円)払ってしまうと思います。

フィリピンの物価からしたらかなりの金額です。

 

彼らはお金を得る代わりに、お金の源泉とも言える、信頼という大切なものを失ってることに気づかないんだろうなーと思います。

 

教訓

・キャッチにはついて行かない

・お金は単位を確認しよう

 

おしまい!

 

 

 

P.S.

 

ちなみに、フィリピン旅行で個人的に気をつけたことは

・買い物をしたときのお釣りは数えて確認する

・人目の付くところでむやみにiPhoneなど携帯を使わない(高価なので狙われる)

・リュックはチャックをしめて出来るだけ前に抱えて持つ(ジプニーに乗るときは特に注意)

 

ただ、フィリピンと言っても場所によっては安全です。

マカティはやはり治安が良く、雰囲気が違っていて安全な感じがしました。

 

ネガティブなことばかり書いてしまいましたが、

海はすごく綺麗だったし、銃撃の経験とかもできて楽しかったです!

 

カマヤン・ビーチリゾート

f:id:fkbiw:20190103183037j:plain

 

f:id:fkbiw:20190103183057j:plain

 

マカティ・シネマ・スクエア(Makati Cinema Square)の射撃場

f:id:fkbiw:20190103184823p:plain

 

ジプニー車内

f:id:fkbiw:20190103184822j:plain

 

フィリピンに行く時は充分気をつけながら、楽しんでください!

(と姉に言ったら「行かないよそんな危ないとこ!」と言われました🤔笑)

 

おしまい

論理と同じくらい感性も大切にしていきたい

ビジネスにおいて、論理が大事だって言うけど論理に偏りすぎなのでは説を唱えたい

論理だけで再現性があると思うことに傲慢さがあるんじゃないかな。

前提要素が全く同じなんてありえないし、この世の不確定要素って多すぎる。

例えばハード扱う時によく思うけど、論理上は正しいはずでも上手くいかないってこと本当に多くて、ひたすらトライアンドエラーを繰り返すしかない。

よく整備されてる工場でさえロット不良率が0%ってことはありえない。

 

個人的には同じ理由で、自信なんて一生つかない気がする。

経験に基づいた自信なんてただの過去のひとつの成功体験でしかないのに、それで思考停止してしまいそうで怖い。

まず時間や時代は変わるし、成功した時の状況と全く同じことってない。

もちろん自信があることによるメリットは自信のある人に任せる。

(ただ、自信はないけど自信ない自分を好きという自尊心はある)

 

不確定要素多すぎで先の見えない世界なら、論理を充分に考えた上で直感や感情に頼るのいいんじゃない。

それこそうまくいってもいかなくても納得できるし、持続しやすい。

「好き/嫌い」「楽しい/楽しくない」「美しい/美しくない」は充分判断の根拠の一つになりうる。

感情は重要な指標。

論理と同じくらい感性も大切にしていきたい。

やる気とか後悔とかいらないから次をやれ

やる気の代わり:タスクに分解して時間決めて淡々と実行する。

やるのが簡単orやるしかない環境をつくる。

 

後悔の代わり:次どうすれば失敗しないか考えて淡々と実行する。

気を付けようより気をつけなくても大丈夫な仕組みを考える。

 

やる気を出したり後悔を乗り越えるための「根性・忍耐力」って、目的を達成するための手段だと思う。

手段っていうのは目的に対して複数あるもので、ないならないなりに別の手段を考えればいい。

目的のために次の行動を起こせるなら、別に落ち込む必要なんてないし(まぁ実際落ち込むけど)、やる気出す必要もない。

 

根性なし&豆腐メンタルの自分にとって、諸々やっていくために言い聞かせてる。